アラフィフ まあみんの日常 ~母と娘たち

いつまでたっても娘たちに振り回される50代 もっと自分のために時間を使おう でもなかなか行動できない そんな日常と葛藤する日々 

ガンで亡くなった、いとこの話 ①思い出

昨年、いとこのNちゃんが
ガンで亡くなりました。
私の3才年下、40代後半。


私の中でのNちゃんとの記憶は、
私が小学生くらいまでのこと。 


私の母親は9人きょうだい
そして母は、

なんと!
9人きょうだいの7番目(;゚∇゚)


いとこも20人くらいいて、
そのなかでもNちゃんは年が近かったから
小さい頃はよく遊んだ。


お盆と正月は
母の実家にいとこたちが大集合し、
餅つき大会やったり、虫取りしたり、
広い座敷でみんなで泊まって
とにかく楽しかった。
田舎で農家やってて、
家も広いし、敷地も広いから
子供たちはどこでも遊べる。


家の中で走り回り、
楽しくていとこたちと騒いでいると
必ず祖母が「しずねぇ」って怒る。


いや、もう、その方言すら可笑しくて、
しばらく静かにしているけど、
また騒いじゃうでしょ、楽しいんだもん。


夏休みと冬休み、
母の実家に行くのが
最大のイベントだった。
それも私が小学生までかな。
中学生になると部活や、
他のことが優先になって行かなくなった。


だからNちゃんとの思い出も
私が小学校高学年、
Nちゃんは3年生くらいまでのことだろう。
それ以来会うこともなくなってしまった。


Nちゃんの話は、
私の母からたまに聞いていた。
スポーツも成績も優秀な彼女
大学は地元を離れ、
関東圏の国立大学に進んだ。


そこから先はNちゃんは
ほとんど地元に帰ってくることもなく、
私のNちゃんとの記憶は
小さい頃のままで止まっている。
もう40年近くも前の記憶か、、、、

彼女のちょっと恥ずかしそうな、
はにかんだ笑顔がかわいかった。


そんなNちゃんが亡くなった
本当にショックだった。
突然すぎた。
会いたかった。

いろんな感情が自分の中で
ぐるぐる、ぐるぐる巡っていた。
泣けてきた。


そして私は
彼女と会わなかった約40年間をほとんど知らない。
会おうと思えば
会える機会はきっとあったはずだ。
そんな後悔が心の中に広がる。


こんなに長い間会わなかった彼女
死という実感が湧かなすぎて
でも亡くなったという事実に直面し、
どうしていいか分からない感情。


叔母から話を聞いた。
私が知らない期間のNちゃんの話


スゴいなぁ、Nちゃん。
そう思う話がたくさんあった。


最近の私は少し病んでいる。
モチベーションを上げるためにも
読んでいる本
自分を変える89の方法
これはとても役に立っている。
今までの自分の意識をちょっと変え、
行動することで、自分は変われる。
そう思えるから

自分を変える89の方法

自分を変える89の方法


そして精神的につらい時は
Nちゃんのことを最近考えるようになった。
泣きたくなるけど、
その後落ち着く自分がいるから。
少しこれから
彼女の話を書いていくつもりです。


読者になっていただけると嬉しいです

ランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

自分を変える89の方法

    

最近私が出会った本

ティーブ・チャンドラーの
「自分を変える89の方法」


今まで自己啓発本なんて読むことがなかった。
自分の意識を変えてみよう、とか
あまり考えていなかったのかもしれない。


最近の私
やっぱり自分でもなんとかしなければ、と思っていた。
なにがどうってことじゃないんだけれど、
子供たちも社会人、大学4年、留学から帰国と
それぞれの節目にさしかかり、
それぞれが自分の将来を考えもがいている。
私も子離れしなければならない。
でも、気になってしかたない。
いらぬ心配と、余計な口出し、、、、
その葛藤で疲れてしまっている気がする。


自分の考えを見直そう。
そう思っていた時に、本屋で目にとまったこの本。
自分を変える89の方法

自分の夢を実現するか
他人の夢を生きるか

表表紙に書いてあったこの言葉が引っ掛かった。
特に自分の夢なんて持っていない自分は
他人の夢を応援して生きてもいいのではないか?
漠然とそう思っていた。


でもそれは、読み進めるうちに少し違うのではないか、
と思うようになった。

自分の夢を形にするために時間を使わなければ、
夢をかなえた他人を眺めるだけの人生

なんかそれは嫌だった。
やっぱり自分らしく、自分の人生を生きたい。


いつまでも娘たちの人生を眺めていても
仕方ないじゃないか
もったいない!
自分の人生を生きよう


そうは言っても、簡単に変われるわけじゃない
気持ちを少しずつ切り替えよう
少しずつ…

自分を変える89の方法

自分を変える89の方法

著者がこの本に書いてある様々なことに気付くのに
50年かかったと書いていた。
それは私がものすごく惹かれたところ。
アラフィフの私でも、今からでも変わることができる、
そう感じた。


そんなに難しいことではない。
日常の意識や行動をちょっと工夫すればよい方法が
89の章に偉人、著名人の言葉とともに書かれている。


私の欠点は飽きやすいところ
とにかくこの本を見やすい場所に置いて、
いつでも手に取れるようにしよう!
迷った時に見られるように。
自分でもできる、行動さえすれば
そう思わせてくれる本です。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

SNSに彼氏の顔をアップする女性は・・・

日に日に朝晩の寒さが身にしみます。
布団から出たくな~い。
特に決まった時間に出勤するわけでもなく、
子供たちを学校に送り出すわけでもなく、
自由きままな無職生活。
まぁ、クズな生活してます。


とりあえず布団の中からスマホで情報収集
Twitter見てたら、
「んっ?なんだこれ」
と気になる書き込み。


ダメ男に騙されやすい女性、SNSに彼氏の顔をアップする、その彼氏はタピオカと同じ、、、、

なんじゃそれ
ウケる~

めっちゃ気になり検索
どうも、
ホンマでっか!?TVでやってたらしい。
評論家の方々がおっしゃるには、

SNSに彼氏の顔をアップする女性はダメ男に騙されやすい

彼氏の顔など高度なプライバシーをアップする女性は情報管理に疎い

情報管理よりも、彼氏がいる自分を見せたいだけでアップする

その彼氏はタピオカと同じレベル

テレビは見ていないので
詳細は不明なところもあるけど、
つまり、
自分は彼氏いますよ~見て、見て、
って発信するのは、
流行りのタピオカ飲んでるよ、見て、見てって
発信するのと同じってことね。

自己満足だよね、ホント
でもそれで本人が満足ならそれでいいってこと。
あげたい人はあげればいいし、
見たい人は見ればいい。


彼氏=タピオカ

面白い

このタピオカドリンク気になります

本当に大切な人なら、
よっぽどのことがない限り 
ただ楽しいよだけでは
私は顔のアップはしないだろうな。
いろいろ考えるし。


でも簡単に削除できるから、結構載せてる人いるよね。
それで別れると削除してる、ってパターン
よくあるね。
見てた人たちはすぐ分かる。
「あっ、別れたんだ」
「彼氏の写真、すべて消されてるじゃん」
ってなる。


確かに情報管理には疎い。
そんな簡単にプライバシーさらけ出して、
今充実してます、ってアピールは
なんか薄っぺらい、、、、


はい、娘ら、気をつけください!
どこの誰とは言いませんが、
めちゃめちゃ思い当たる節がありますね。

まあまあ、タピオカなんだな、きっと。
※タピオカが悪いわけではございません


すべての人に公開するものかどうか、
少し考えてみた方がいいのかもしれない。
情報管理に疎いって言われるのも
深く考えないでアップしてるんだろうから、
そりぁ、ダメ男に騙されやすい?
タイプなのかもしれない。


浮かれちゃって、彼氏の写真載せてるSNS見ても
周りは嬉しくもなんともないもんなぁ。
いや、こんなの見たくないし、
なんで載せてんの?
載せてる女、周り見えてないだろ?ってなる。


ごく一般的な話ですよ。
もちろん中にはステキな画像だったり、メッセージだったり、カップルや夫婦や、彼氏、彼女の見ている人がホッコリするSNSもありますからね。
そういうのは見ていて幸せだし
その人のSNSはチェックします。


簡単だけど奥が深いな、SNS
発信している側の性格やら心理やら
いろいろ読みとられてそうで怖いわ。
自分も発信の仕方、よく考えよう。


読者になっていただけると嬉しいです

ランキングに参加しています
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

別居中 ~離婚調停申し立てる

3ヶ月、実家に避難し、
夫が出ていくと同時に自宅に戻ってきた私たち
娘たちもいつもの普通の日常を過ごせる幸せ


でもやらなければならないことがある!
もう私の心は決まっていた。
やり直しはないのだ。
これだけの長い期間我慢し、
もう少し頑張ってみようと繰り返し、
決断できなかったのはなぜだろう?
今になっても考えることがある。


私自身が専業主婦で収入がなかったからか
子供がいたからか
夫が毎回反省してるように見えるからか
夫が変われると信じたかったからか
暴力が怖かったからか
諦めか

どれも少しずつ当てはまる。
でも、一歩踏み出す勇気がたりなかった。
行動できなかった。
大きなキッカケがほしかった。


愛情なんてずっと、ずっと前から感じていなかった。
結婚して、長女が生まれてすぐくらいに
あれ、?
と思うと兆候が見えていた。
いや、よく考えてみれば
付き合ってた頃から、おかしいと思うことはあったのだ。
でもその時は気にもしてなかった。
周りが見えない、よくある話


それに気づいてから、何をすればいいのか?
なんとなく将来に備えていた。
万が一、たぶんそうなるだろうに
備え始めた私。


専業主婦だからと経済的に弱くてはダメだ。
せめて子供の学費くらいは確保しよう
、と。
希望は大学卒業くらいの学費は持っていたい。
いつ、どんな時に別れてもいいように。


でも子供を預けて働くのは
保育料を考えるとリスクが高すぎる。
キャリアがあるでもないし、
ブランクがありすぎて、
それよりも自分自身が子供たちの世話や
家事でいっぱいいっぱいだった気がする。
これに外で仕事するなんて
考えられなかった。


自分にできること
子供のお金として入ってきたものは、
何でも子供名義の口座に貯金した。

児童手当、子供のお年玉、病院にかかって後から戻ってきた乳幼児医療費、学資保険のお祝い金…
ちりも積もれば、これ案外貯まります。
子供のものは手をつけない。
家計から出費する。


我が家の世帯年収は、どちらかといえば平均よりも下の世帯。
結婚してから15年間、公営住宅に住んでいた。
つまり、ある程度年収が低い世帯が入居する住宅。
だけれども、子供のものは別と考え、
子供のために入ってきたお金も使わず、
全部家計から捻出する。


そんなこんなで、準備を始めていたわけです。
きっかけが別れるための備えだけれども、
これは普通に学費を貯めるのにオススメですよ。


離婚の話し合いに直接会うのは怖かった。
やっぱり、暴力を受けたことがある人は
何されるかわからない、
というトラウマがあると思うから。


直接の話し合いは絶対したくなかった。


でも夫の場合、外では低姿勢の態度のため
私の両親ですら、
お互いに会って話をしろと言う。


だから、それが無理なんだって!


今までの経緯とか、状況を話しても疑心暗鬼
私が嘘ついてるって、言うの?
そう感じるくらい
えっ、あんな弱そうな、低姿勢なダンナが?
いや、話し合いくらい大丈夫だろ、
そんな態度の両親。


直接の話し合いも
両親に間に入ってもらうことも
無理だな
そう思った私は、第三者、全く知らない人を介しての話し合いがベストだと判断

つまり
 

離婚調停を申し立てる

離婚のしかた 離婚調停の実際 女と男の法律学4

離婚のしかた 離婚調停の実際 女と男の法律学4

調停なんて漠然としか知らないし、
どんな手続きするのか
どこで申し立てればいいのか
まずはそこから。
ネットで調べ、いろんな本を読みまくり、
いざ、家庭裁判所へ向かったのだった。

読者になっていただけると嬉しいです。

ランキング参加中です。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

今日はマックで考える

今日はマックに来てみた。

14時からプレミアムローストコーヒーが0円
ラッキーじゃん。
お昼ご飯食べたばっかりでお腹いっぱいだし、
アップルパイ&コーヒーを購入
100円なり
楽天ポイントでお支払い


やったぁ!
お金かからない。


とりあえず充電できる席を確保
あとはのんびりスマホ
…って思ったけど、めちゃめちゃ混んでるマック
何これ?
みんなコーヒー目当て?
平日の昼間、こんなに混んでる?


あっ、違うわ~
秋休みだし。
やけに小学生やら幼稚園児とかの親子連れ、
中学生もいるわ。
そうだったぁ。
もう忘れてたわ、秋休み


連休は台風来ちゃって出かけられず、
平日はお父さんたち仕事だし、
そりゃあ近場でマックに来るよね。
ここのマックは室内に遊び場もあるし、
小さい子たちには天国
ママたちも、子供たちは勝手に遊んでくれるから、楽ちんだし

 
我が家も三姉妹が小さい頃、よく来たなぁ
マックの遊び場に連れてくれば
親は近くで食べながらゆっくりできるし。
子供たちは遊びに夢中
ほんと、ありがとう!マクドナルド


そんなザワザワしたマックの中で
一人スマホとにらめっこするアラフィフ


最近病んでる自分はいろいろ考える。
それなのに、くだらないラインを送ってくる長女
あれ、今日は長女と仲良しじゃん。


これがまたおかしなことに、
三姉妹の誰かと険悪だと、
誰かが気を使う。

昨日からの三女と私の様子をみて、
たぶん気を使ってるんだと思う。
この構図が見事にハマる


だからたぶん、三女との関係が修復すれば、
長女の私へのシカトが始まるんだわ。
面白いじゃない。


病んでるからといって
気分がずっと落ち込んでいるわけじゃないし、
考えれば考えるほど
答えが見つからないけど
そういう戦いは挑むところだ!
まあ気晴らしにはなるのかもしれない。


思えば心配事は娘たちのことばかりだな。
親なんてもんは、いくつになっても子離れできないのかな。
親が心配したからといって、
解決するわけでもないし
余計なアドバイスして、
すんなり聞くわけないし
それが正解かも分からない。


こんなこと、いつまで考えてるんだ!自分
もっと自分のためにやることあるのではないか。

言い聞かせてるけど、気になって仕方ない。
自分も娘らも頑張れ
いや、頑張らなくてもいいのか
とことん悩んで、落ち込んでいればいいのか?
あ~、もうホント分かんない。
今日はこんな一日でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

病んでる自分 ~スタバへ行く

気づけば、、、、

また寝落ち


最近こんなのばっかりだよ。 
テレビ見て、スマホいじって、眠くなる
横になってみる
ダメだ!眠い
布団に入る
寝ながら見もしないテレビをつけっぱなしにする
スマホいじる
気付けば、スマホの画面が謎のペーシに飛んでる
指が明るいスマホの画面の上にある
テレビを消す
とりあえずスマホを意味なくいじる
やっぱ眠い
寝る

 
今は意味なくスマホいじってる状態
からの、ブログ書こう!に進化


さてさて昨日の自分


最近精神状態が不安定で病みぎみなので、
とりあえず一人になろうと、
本屋隣接のスタバへ
コーヒー飲みながら、本読めるところがお気に入り


何か読みたい本があったわけではない
ただ一人になって
何も考えたくなかった。
今の状態から逃げたかった。


そうだ。
フリマアプリで購入したスタバのドリンクチケット
マイボトルを持って行けば
飲めるじゃん!
マイボトルを準備し、いざスタバへ
本屋で先に読む本を選ぶ
スタバへの本の持ち込みは一冊
何でもよかった
ただ何も考えずに、一人になりたかっただけだから


現実逃避したい私は
旅の本を選んだ。

それもどこに行きたいってわけでもないから、
ひとり旅の準備本


世界でいちばん旅が好きな会社がつくった ひとり旅完全ガイド

これが案外今の自分にピッタリだった。


ピンポイントの観光ガイドではなく
ひとり旅を進める上での準備
そのプロセスと体験談
なんとなく選んだけれど、
そのぼんやり感と、
うまく言えないけれど
物事を進めていく上での
気持ちの高まっていく感じ


最後まで読みたくなった。
初めてひとり旅をする人向けの
疑問と回答
ただそれだけなんだけど、
旅に行きたい人が必要なことが書いてある。


今自分が旅に行くぞ、
って意気込んでるわけでもなく


でも、こんな本の選び方もあるんだな、って
思った。
旅もいいかもしれない。


一冊読み終えた。
気づけば4時間も経っていた。
でも周りの人たち、ほとんど替わっていない。
最強だな、スタバ


なんとなく気分が晴れた気がした。
少しだけだけど、楽になった気がした。
家帰って、ご飯作る気力ができた。
スーパー寄って、買い物して、
夕飯の準備


こんな一日だった。おしまい

世界でいちばん旅が好きな会社がつくった ひとり旅完全ガイド

世界でいちばん旅が好きな会社がつくった ひとり旅完全ガイド

読者になっていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

精神状態、不安定か

最近の自分

娘たちの言動に一喜一憂し

大丈夫か?

娘たちが心配なのは分かるが、
気にしすぎじゃないだろうか?
そして、世話しすぎではないだろか?


娘たちの洗濯物が溜まっていても
使った食器を洗わずにシンクに置きっぱなしでも
電車の時間に間に合わなそうでも
部屋がごちゃごちゃで汚くても
朝寝坊しても
夜遅くになっても連絡なくても
帰ってこなくても


放っておけばいいんだ


今までも、何回も何回も、
そう思ってきた。


でも結局、片付けられてない状態が嫌で
時間に間に合わないのが可哀想で
どうしたんだろう?って心配になって

手助けしたり、注意したり、
自分ですべてやってしまっているのかもしれない。


それは分かっているのに
そして、自分だけが空回り


自分が勝手にやってることなんだよ、それ
気づけよ、自分


娘たちなんて、やってもらって当然!
あっ、ラッキー
くらいにしか思ってないし
有り難みなんて、全然感じてない。


もう自分のことに時間使おう

これも何度も思ってることなのに、
なかなか実行できていない。
子離れできない母親か。


あ~もう、どうすりゃいいんだ。
精神状態、不安定、、、、

近くにいると気になるから
それぞれ一人暮らししてくれ
あいつらは楽しようとしているだけなんだぞ
便利な家政婦くらいに思ってるんだぞ


放っておけ、放っておけ


世話して自分の人生終わっちゃうわ 
バカらしいぞ!
自分のために、時間とお金使おう
もっと楽しもう
自分が一番優先で生きていいんだ


心のなかで
一生懸命、自分に言い聞かせてる

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村